電子タバコが禁煙道具のひとつとして注目されています。普通のタバコの場合は煙を吸引する動作ですが、電子タバコは、蒸気を吸引する動作になります。一般的にタバコには、有害な化学成分が多く含まれていますが、体に影響を及ぼす成分が非常に少ないことがメリットです。種類によってはニコチンを微量に配合しているものもありますが、全くニコチンが入っていない商品もあります。バッテリー式、カートリッジ式など種類がありますが、構造的にはだいたい同じです。味や風味をつけた商品が数多く販売され、自分の好きな香りを選ぶこともできます。また、見た目もスタイリッシュな商品が増え、ファッション性もあることから若者に人気があります。最近では受動喫煙の認識が高くタバコを嫌う人が多いですが、受動喫煙の影響がないこともメリットのひとつです。

電子タバコを吸って実際にやめた

旦那の友人なんですが、普通でもタバコは結構吸っていました。飲み会の時は、もっと吸って1箱や2箱は吸っていました。でも、最近の飲み会では、タバコを吸わなくなりました。その変わりに電子タバコを吸う様になりました。あんなに吸っていたのにどうしたのって聞くと、周りが止めたのでその流れでと言っていました。あんなに吸っていたのに止めれるものだなーと思ってビックリしました。どんな感じなのか自分も吸わせてもらいました。水蒸気の様な物が吸うと中から出て来ます。スーッとしたメンソールの様な感じです。タバコが吸いたくなったら、それを吸えば吸った気になると言っていました。自分も吸ってみての感想は、これならやめれそうな気がします。決して高い物では無いので、病院の禁煙シールよりは、確実に効果あります。通販でも売っていますし、今は何処にでも売っていて、値段もピンキリです。

電子タバコが流行しています。

愛煙家が健康のために電子タバコに切り替えたという話、よく耳にします。しかも、最近、タバコの値段が高くなっているので一日、何本も吸うと不経済という人もいるのです。おまけに最近ではいろんなメーカーから沢山の種類が出ているのです。最近ではいろんなフレーバーが出ているのが魅力の一つになっています。そもそも、タバコが健康に悪いからこういうものが出ているのでしょう。結局、タバコに似た形状の吸引器で、専用カートリッジ内の液体を霧状にしてから吸うわけです。火を使っていないから火事の心配もありません。それに第三者への副流煙もないのです。だから、子供の前でも安心して吸うことができます。しかも、値段も安価です。考えようによっては電子タバコとタバコは似て非なるものなのですが。でも、吸うことができるのはあくまで、二十歳を過ぎてからです。